フルフィルメント瞑想

フルフィルメント瞑想は、誰でも最初から空(くう)に入ることのできる瞑想です。
 
空(くう)というのは人間の最も奥底にある純粋な意識です。
自由と無限の可能性に満ちた意識。
それがすべての人の内側に存在しています。
 
その空(くう)という純粋な意識の中に溶け込むと、余計なストレスや思い込みが解けて、
本来の自分がやりたいと思っていることを可能にしていきます。
 
余計な思考パターンの枠から抜け出て自由に自分自身の人生を送れるようになります。
 
ストレスをよく感じる方集中力・創造性を増したい方におすすめです。
 
この瞑想が出来るようにするためにマントラ(真言)とヤントラ(幾何学的な紋様)を使って
特別な波動を伝授します。

この伝授をすることで、誰でも、どこでも、いつでも瞑想を意図することで
瞑想状態になることができます。
瞑想している本人がいい瞑想だったと思おうが、上手く瞑想できなかったと思おうが
確実に働いています。
この瞑想に失敗はありません
シンプルでパワフルです
 
そして心身が休息し新陳代謝が16~20%ダウンします。
通常の睡眠は4~8%のダウンなので、これは
心身ともに深くリラックスし休息状態に
あることを意味します。
 
現代の忙しいストレス社会の中では瞑想を行うことが最も必要とされています。
瞑想の後、活動していくことで、行動が効率的になりスムーズに生きられるようになります。
 
瞑想の伝授を受けることによって、誰でも努力することなしに最初から効果的な瞑想をすることが
できるようになります。
伝授が終われば、あとは毎日朝夕30分、
ただ目を閉じて座り、瞑想するだけです。
 
そして瞑想をすることでその後の活動の質が高まります
一日のライフタイムを瞑想して活動、そして瞑想して活動というサイクルにすることで、今まででは思いもよらなかった素晴らしい結果を手に入れることが出来るようになります。
 
フルフィルメント瞑想は確実に日常生活を変化させていく力を持っています。
 
 
フルフィルメント瞑想創始者 ボブ・フィックス氏による動画解説
注)下の字幕ボタンをクリックすると日本語字幕のオンオフが出来ます。
コヒーレント:波動が互いに干渉し合える/抵抗や摩擦のない
 
 
瞑想とは何ですか?
 

人は起きている出来事すべてを認識し意識しているわけではありません。意識出来るのはせいぜい4、5%くらいもっと少ないかもしれません。

 

例えば、この文章を読んでいる間、座っている椅子の感覚を感じたり、呼吸をしていることを感じたり、意識を向ければ、すぐに感じとれることも、普段は意識の上にあがらず忘れてしまっています。

 

会社に行く途中の道でも、目に入ってくるすべてのものを意識できるわけではありません。何度も何度も通った道でいままで目に入っていたはずなのに新しい発見をした経験もあるのではないでしょうか。

 

そして人は目の前の出来事を目で見るのではなく、脳で見ています

 

起きた出来事を今までの自分の記憶をたどり自分のフィルターを通して解釈しています。あまりにも自然に行われているので、自分が勝手に出来事の価値判断をして、あるがままにものごとをとらえていないことに気付きません。それが当たり前であればあるほど、無意識のうちにいろんな判断をしているということに気付けません。

 

その無意識のうちに行われている価値判断が、その人の思考の枠組み、思い込みです

 

気付かないまま、目の前の出来事をあるがままに見ずに、自分のフィルターを通して自分の見たいように見ています。

 

瞑想とは、無意識の領域のお掃除です。

 

自分の意識、無意識と向き合い、余計な思い込みをなくし、本当の自分は何なのか、本当は何をしたらいいのか感じていくことです。

瞑想をすることでストレスを減らし、自分自身の生きる方向性を見出し、自分が望む経験を積めるようになります

 

やりたいことをやって、楽しくいきいきと生きていく、その力を自分の中につちかっていくことこそが、生きることの一番の大切なポイントです